DORA麻雀に違法性はあるのか?

DORA麻雀に違法性はありません。現状ではパチンコなどと同じグレーゾーンとされています。

日本では賭け麻雀は違法です。
賭けの金額に関わらず、逮捕される可能性があります。
実際には友人同士でテンピン(1000点100円)位のレートでやっている分には逮捕まではいかないのではないかと言われていますが、根拠はありません。
有名人なんかだと、レートに関係なく、見せしめ的に逮捕されることもあります。
一般的には、麻雀をやっている=賭けている というのは常識で、よほど高額でない限り検挙するのはどうかと思いますが、法律上は賭け麻雀が違法であることは明白です。

では、DORA麻雀のように、海外サイトにネットで参加する場合はどうでしょうか。
現在の法的解釈では「グレー」のようです。はっきりした司法の判断は今のところありません。
弁護士の意見も様々分かれているようです。

<違法であるという判断>
日本国内で端末を操作して賭博行為に及んでいる以上、賭博罪は成立するという考え方です。

<違法ではないという判断>
賭博罪は「必要的共犯ないし対向犯」とされています。つまり相手がいなければ成立しません。DORA麻雀の場合、胴元であるDORA麻雀が相手となります。
しかも、麻雀の場合、プレイしている人よりも場所を提供している胴元のほうが罪は重くなります。
しかしながら、DORA麻雀は、マン島ギャンブル監督委員会(Isle of Man Gambling Supervision Council )から正式にライセンス(国家認証)を受けており、且つ合法的に運営されています。
当然日本の法律で裁くことはできません。
となると、日本でプレイしている人も相手が必要的共犯の要件を満たせないことになり、違法性を問えないことになります。
つまり「DORA麻雀に違法性はない」ということです。

<現実に沿って考える>
DORA麻雀をはじめ、オンラインで海外のギャンブルサイト(例えばオンラインカジノ)に登録して遊んでいる日本人は、50万人とも60万人とも言われています。
現在のところ逮捕者はひとりも出ていません。
仮に今後、海外サイトであれオンラインによる賭博行為は違法であると司法が判断したとしても、現時点で参加している人が罰せられることはないでしょう。
実際に、オンラインカジノで日本人プレイヤーが高額の賞金を手にしたという話題はよくネットを賑わせていますが、それでも当然のことながら当局からなんらかのコメントも一度もありません。
オンラインがらみで大きな犯罪が行われたとか、マネーロンダリングに利用されているとか、なにかしら社会的に大きな事件でも起こらない限りはグレーのままであると思います。
グレーであるということは、違法性を問われることはない、ということです。
巨大産業であるパチンコ業もグレーゾーンとされていますが、それに比べれば白に近いグレーだと思われます。
しかし、今後司法がなんらかの判断を示すこともあるかもしれませんので、私たちはその判断に従うしかありません。
ただ現状では、DORA麻雀に違法性があるのか?と問われれば、違法性はない、かといって合法とも断言できない、というところでしょうか。

余談ですが、日本国内においてはランドカジノ(ネットではなく、実店舗のカジノ)構想がだいぶ現実味を帯びてきています。
現時点(平成24年8月)で、20を超える自治体がカジノ誘致に名乗りを上げています。
今後カジノに対する負のイメージが薄れてくれば、海外のギャンブルサイトで遊ぶ行為についても正式に合法という判断がなされるかもしれません。